今週はずっと海外の記事を参考にミュージシャン向けの音楽ビジネス関連のことについて書いていましたが、面白い内容のがあったのでシェアの意味もこめて。
ミュージシャンに言う何気ない一言って、言う本人には悪気はなくても結構癇に障ったり傷ついたりすることあると思います。
仕事上インディーズ、メジャーのシーン問わずミュージシャンの方と接する機会がありますが、、、改めて注意しなきゃいけないなと思いました。

1.「プロのミュージシャンみたいだね」

– もうメジャーもインディーズも垣根が曖昧になっているので、「メジャーデビュー=プロのミュージシャン」ってわけでもありません(現にメジャー行ってもバイトと掛け持ちのバンド多いですし)。
少なくてもライブやCDの販売などでお客さんからお金をいただいている以上は「プロ」と考えるのも一つだと思います。

2.「プロ目指してるの?」

– これも一緒でしょうね。
ミュージシャンやバンドってなにをもって「プロ」なのかわかりませんからね。

3.「本職ってなにしてるんですか?」

– 意外に多いこの一言。実際昔自分も何回かこの失礼なこと言った記憶があります(泣)
ミュージシャンにとっては音楽が仕事であるわけなんだから、「本職」とか「副業」とかで別けられたくないんじゃないかな、と。
ってか、それを聞いてどうするんだ?って話です(苦笑)

4.「音楽だけで食べていけてる?」

– これも同じ!
「No!」と答えたらお金になる仕事をくれるんでしょうかね?

5.「○○ってバンドみたいな曲だね」

– よくCDのレコメンドだったり、販売戦略として「○○のような~」という表現はありますし、ミュージシャン本人や関係者がその表現を使うならまだしも関係ない他人から言われたんでは「カチン」とくるでしょうね!
カナダ出身のミュージシャン“MANAFEST”を「一人リンキン」の一言で表したセンスくらい高いものなら別でしょうが。笑

6.「その曲こうしたほうがいいんじゃない?」

– 余計なお世話なんでしょうねー。

次ページ:7~13について

Sponsored Link