音楽はどんなものであれ日常に溢れています。
実は身近な音楽も利用の仕方によっては健康的な生活を送ることに役立つようです!
そこで今回は『音楽が医療や健康に役立つ5つの効果』について!

1.ストレスや不安を減少させる効果

– これは日常でもよくみられるので知っている方も多いかもしれませんね。
例で言えば分娩室でゆったりとしたテンポの音楽を流すことで妊婦のストレスや不安を和らげたり、最近ではMRIを撮る際にも音楽が薄く流されたりしているようです。
また最近の研究では未熟児のICUに音楽療法士が関わることで赤ちゃんの機能向上につながる…という結果が出されてもいるようです。

2.音楽は、痛みを減少させます

– 音楽による鎮静効果についても、医療現場で多く認め始められているようです。
大きな手術を受ける患者がその前日の夜~手術後2日まで自分で選んだ音楽を聴くように指示される…という事例もあります。
これを比較検討した実験があるようですが、たしかに音楽を聴いていたグループがそうでないグループよりも痛みが少なかったようです。
これは決してプラシーボ効果ではないということも別の研究で明らかにされています。

次ページ:音楽が医療や健康に役立つ5つの効果(3~5) について

Sponsored Link