女性にとっての生理痛って深刻な問題ですよね。
でも生理痛がひどいひとは「体質だから」「昔からだから」と諦めがちではないでしょうか?
実はちょっとした対策でひどい生理痛を緩和することができるようです。
今回はその生理痛の原因と対策についてまとめてみました!

生理痛の5つの原因

生理痛の原因については大きく分けると5つになります。

1.プロスタグランジンの過剰分泌

– 「プロスタグランジン」とは生理中に分泌される生理活性分泌です。
このプロスタグランジンの分泌量が多いと、子宮の収縮が過剰になって陣痛のような痛みの原因になります。
さらこの物質は痛みを強めるなどの作用もあるので、頭痛、肩こり、腰痛、吐き気の原因にもなってしまいます。

2.子宮の出口が狭い

– 若い女性や出産経験のない女性に多い原因です。
経血がスムーズに流れにくいことから痛みを感じます。

3.冷え性

– 冷え性の方は慢性的に血液循環が悪い状態です。
そうするとプロスタグランジンも骨盤内に滞り、痛みが強くなってしまいます。

4.ストレス

– 強いストレスによって自律神経の不調を起こし血行不良をまねいてします。

5.骨盤のゆがみ

– 骨盤のゆがみが原因でひどい生理痛になってしまうってことは、意外と知られていません。
骨盤や腰部(腰椎)からは内臓や生殖器などに関わる神経も出ていますので、生理痛などに影響を及ぼすことがあるんです。
また骨盤には内臓を支える働きもあるので、骨盤がゆがむことで内臓の機能低下に影響が出たり、骨盤内が血行不良を起こし生理痛の増悪を引き起こす場合もあります。

次ページ:生理痛が重い人が試すべき5つの方法について

Sponsored Link