他のバンドとは違うライブにするために、忘れてはいけない7つのこと


Sponsored Link

オリジナル曲で活動しているミュージシャン、バンドにとって「○○みたいな曲だね」って言われるほど腹立たしいものはありません。
なのに、どうして演奏パフォーマンスやステージングは、みんな似たりよったりなんでしょうかね?
そこで今回は「他のバンドとは違うライブにするために、忘れてはいけない7つのこと」について。

1.観客はライブでは「曲を聴く」ことより「体験する」ことを重視している…ということ。

staging-aart-1
そのミュージシャンの曲だけを聴きたいなら好きな時間、好きな場所でゆっくりCDででも聞く方法を取るはずです。
ライブに行くということは観客自身が『非日常の体験』を求めにいくということを忘れてはいけません。

Sponsored Link

2.ステージ上では観客の焦点を操作できる…ということ。

staging-aart-2
基本的に観客の人はステージに上がっているミュージシャンを注意深く見ています。
そのしぐさ、動作、言葉、表情…ひとつひとつが良くも悪くも影響を与えてしまいます。
それは逆に、観客の焦点を思うがままに操作できるということでもあります。
この発想は非常にオリジナリティの高いステージングを作るのに必要なことです。

3.演奏だけに盛り上がるわけではない…ということ。

staging-aart-3
観客は決してボーカリストのロングシャウトやギタリストのソロ演奏にだけ盛り上がっているわけではありません(勘違いしやすいのですが)
演奏はもちろん、衣装、MCの口調やその態度までしっかりと印象に残ります。
ステージ上ではこまかいひとつひとつが演奏力や曲と同じくらい重要になる可能性があります。

次ページ:4.ライブは観客の感情の波を操作できる…ということ。 について

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする