バンドの解散につながるよくある9つの理由


ここ最近有名バンドの解散ニュースが相次いでいますが、海外の記事で「バンドの解散」について触れている記事があったので読んでみたところ、なかなか的を得ているなと思ったので今回執筆。
何かを続けることって、すごい難しいです。

1.お金

やっぱりお金に関する理由が一番多いとされています。
ヒットしてもその収益の取り分で相当揉めるようになるなんて話も聞きますので。
イギリスのロックバンド『Coldplay』は全ての曲の作詞作曲クレジットはメンバー4人が均等に取得するようです。

2.メンバーの衝突

OASISのノエルとリアムではないですが、メンバー間の衝突によってバンドが解散するという理由も多いとされています。

3.ビジネス上での役割分担

インターネットが普及した今では、バンドはマネージャーやレーベル、ライブのブッキングエージェントなしでも成長することができますが時にその役割分担が原因で解散に追い込まれる場合もあるとされています。
このアーティストのセルフマネジメントについての意見には賛否両論あるのですが、今後音楽産業はもっとシンプル化すると思うので、メンバー一人一人がバンドを一つの「個人事業」と捉え、それぞれの音楽活動以外の
運営業務に責任を持って行わなければならなくなるかと思います。

4.エゴ

メンバー一人一人自分の行っている音楽活動においての「エゴ」を持っています。
そのエゴが次第にメンバー毎での順位をつけてしまい、衝突を招いてしまう・・・とされています。

次ページ:5.目標の違い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Menu