『対魔導学園35試験小隊』のOPを歌う“アフィリア・サーガ”について熱く語っていいですか?


正直、すごいうれしいです。
今回は2015年秋アニメ『対魔導学園35試験小隊』のOPを担当する“アフィリアサーガ”について。
個人的には“コヒメ”ちゃん推しですww


『対魔導学園35試験小隊』について



あらすじ

魔力を持つ人間が滅びようとしている世界、武力の頂点の座は剣から魔法、そして銃へと移り変わっていた。残存する魔力の脅威を取り締まる『異端審問官』の育成機関、通称『対魔導学園』に通う草薙タケルは、銃が全く使えず刀一本で戦う外れ者。そしてそんなタケルが率いる第35試験小隊は、またの名を『雑魚小隊』と呼ぶ、劣等生たちの寄せ集めだった。
引用:wikipedia

– “劣等生”モノ多いですね…。笑

『アフィリア・サーガ』について



プロフィール概要

カフェ&レストラン「アフィリア・グループ」の池袋店・上野店・六本木店・新宿店を代表するメンバーから構成された。志倉千代丸と桃井はるこのダブルプロデュースで、 2008年11月22日「Live 5pb. 2008 at YOKOHAMA BLITZ」のステージにてデビュー。人数を特に決めず「学院型ガールズ・ボーカル・ユニット」というコンセプトの入門・脱退システムを採用。2014年10月現在のメンバーは12名。2013年2月17日、レイナの加入とともにグループ名を「アフィリア・サーガ・イースト」から「アフィリア・サーガ」に変更した
引用:wikipedia

– すいません。かなり好きなアイドルグループなんです。

もっと見る→

アフィリア・サーガのリリース楽曲

でわ、アフィリア・サーガの楽曲を紹介していきます。
ちなみに『アフィリア・サーガ・イースト』時代からのも含みます。

1stシングル『ルミナスの泉』




– プロデューサーである志倉千代丸氏の5pb recordsからのリリースということでも注目してました。

2ndシングル『メリディンの祈り』


https://www.youtube.com/watch?v=D6T9WhQdfP8


– ちょっと切ない曲ですが懐メロっぽい印象も受けた楽曲です!

3rdシングル『放課後 ロマンス』


https://www.youtube.com/watch?v=q83ydRyUXkE


– 一気にPVのクオリティが上がったような気がします。

4thシングル『ワタシ☆LOVEな☆オトメ!』


https://www.youtube.com/watch?v=hEsyaEMK2pk


– すごい…好きな曲です。。

5thシングル『ニーハイ・エゴイスト』


https://www.youtube.com/watch?v=cENbJ-VB54Y


– この作品でランキング一気に39位まで上がったようですね!

6thシングル『La*La*Laラボリューション』




– 恋愛シミュレーションゲーム『STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん』の主題歌です!歌詞がシュタゲっぽい!

7thシングル『未来が私を待っている!』




– ランキング最高位6位!初のトップ10入りした楽曲です!

8thシングル『禁断無敵のだーりん』




– 『STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん』のPSPバージョンでの主題歌です!中毒性高っ!

9thシングル『SURVIVE!!』




– ちょっとロックチューンな楽曲。ゲーム『暁の護衛 トリニティ』の主題歌です!

10thシングル『ネプテューヌ☆サガして』




– なんか…すごい泣きたくなる曲です。すごいいいです。。TVアニメ「超次元ゲイム ネプテューヌ」EDテーマです!

11thシングル『S・M・L☆』




– 名曲です!!イントロのリフに高いセンスを感じます!(笑)
アニメ『俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している』のOPです!

関連記事:急にHな展開も!? – 家族で見てはいけないアニメ14選

12thシングル『マジカル☆エクスプレス☆ジャーニー』




– 作詞/作曲が桃井はるこさん!さすが元祖アキバ系女王!

13thシングル『ジャポネスク×ロマネスク』




– ちょっと意外な感じの曲!和を意識してるからですかね?

14thシングル『Never say Never』




– テレビアニメ『ISUCA-イスカ-』OPテーマです!

まとめ

一番好きなアイドルグループは?という質問に必ず『アフィリア・サーガ』と答えています。
関わってるアイドルグループ(新設)がいるんですが、、、一緒に仕事してくれないかなー?(切実)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Menu