先日、別件で映画館に行ったところ、大きく展開していたのがこの映画『ANNIE』でした。
ちょっと今年のミュージカル枠に入りそうな映画なので調べてみましたら、日本語吹き替え版の主題歌担当が『FLOWER』と。
ごめんなさい。このANNIEについて調べるまで知らなかったアーティストなんですが、すごい方たちなんですね!

[sc:h2 ]映画『ANNIE』について

まずはこの映画についてのご紹介。

ニュー ヨーク、マンハッタン。携帯電話会社のCEOでNY市長候補のスタックス(ジェイミー・フォックス)は選挙キャンペーン中、車にはねられそうになった少女 を偶然助ける。その少女の名前はアニー。4歳の頃、レストランに置き去りにされ、今は、横暴なハニガン(キャメロン・ディアス)が営む 施設で暮らしている。10歳になるアニーは、毎週金曜日の夜、そのレストランの前で迎えにくるはずのない両親を待ち続けていた。スタックスはそんなアニー の境遇を選挙戦に利用しよう考え、彼女を引き取り、超高層ビルのペントハウスで一緒に暮らし始める。アニーも自分が有名になれば両親が名乗り出てくるかも知れないと考え、スタックスの選挙戦を利用し、協力するが、次第にふたりの心に絆がめばえていき・・・。
引用:ANNIE 公式サイト

「アニー」?
ミュージカル??
どこかで聞いたことあるなって思って悩んでいたら、よくCMで流れていたのを思い出しました!

これ、結構昔からやってるよなって思ったら、28年もやってるんですね!
恐るべし、丸美屋食品…。

ちなみに原作は新聞連載漫画『小さな孤児アニー(Little Orphan Annie)』を原作として製作されたブロードウェイ・ミュージカルです。

[sc:h2 ]主題歌『TOMORROW』について

これも一度は聴いたことがある名曲です。

作詞はWest Side Storyの劇中歌“Jet Song”を手掛けたMartin Charnin(マーティン・チャーニン)
Martin Charnin
画像引用:broadwayWORLD.com

作曲はCharles Strouse(チャールズ・ストラウス)
Charles Strouse
画像引用:M&C

[sc:h2 ]“平井堅”と“鷺巣詩郎”による“TOMORROW”

kenhirai
画像引用:MUSICMAN-NET

この“TOMORROW”って曲のイメージは『小さな女の子』だったのですが、それを平井堅が歌うんだからすごい!

ちなみに編曲担当の“鷺巣詩郎”さんはアニメ『エヴァンゲリオン』の音楽担当の方です!
ますますイメージがつかない…。

[sc:h2 ]日本語吹き替え版の主題歌を歌う“FLOWER”って?

flower
画像引用:Naverまとめ

そして、日本語吹き替え版の“TOMORROW”を歌うのがこの“FLOWER”ってグループ。

切なさを感じさせる歌声と卓越したダンスパフォーマンス、そして華のあるのルックス。EXILE系ガールズユニットE-girlsの中心メンバーとしての活動の他、ファッション誌のモデルやCM出演など、その活躍領域をどんどん広げている7人組ガールズグループ。1stアルバム「Flower」は15万枚の大ヒットを記録。
引用:ANNIE 公式サイト

“E-girls”のメンバー!?
というと、EXILE関係のグループか!

たしかに日本語吹き替えだ!

[sc:h2 ]まとめ

この映画『ANNIE』についての記事書いているくらいにキャメロン・ディアスが結婚した報道されたんですが、相手がパンクバンド「Good Charlotte」のギタリストのベンジーってことに一番びっくりしました。笑

あ、アニー関係なかった。。

Sponsored Link