飲食店を始め、ほとんどの店舗ではBGMが流れていると思いますが、あの理由についてって考えたことあるでしょうか?
今回は潜在意識に影響を与えるBGMについて調べてみました!

BGMの持つ効果

バックグラウンドミュージック(英: background music)は、なにか別の主体となるものの背景として流れる音楽のこと。BGM(ビージーエム)と略される。また、略称で呼ばれるケースの方が多い。バックグラウンドミュージックはその場の主役にはならないが、その場を演出するために使用される音楽である。
引用:wikipedia

店舗内で使われる例はもちろん、映画やドラマなどの背景音楽もBGMと呼びます。

そのBGMが持つ効果については以下の通り。

1.マスキング効果

BGMの効果の一つとして「マスキング」があります。
ある音(騒音)をある音(BGM)で隠してしまうという効果です。

少し周波数が異なる二つの音がある場合、少し低い周波数の音がそれより少し高い周波数の音を「マスキング」してしまいます。
また当然と言えば当然なのですが、音量の大きい音が小さい音を「マスキング」します。

例としてですが、飲食店でのBGMは調理場の音や他のお客さんとの注文の音、エアコンの音などへのマスキング効果があげられます。

次ページ:イメージ誘導効果 について

Sponsored Link