CDをプレス業者に依頼する際に知っておきたいいくつかのこと。


Sponsored Link

バンドがライブ活動と同じくらい重要なことは、もちろん音源を作ることです!この創作活動がなかなか大変なんでしょうけども。。
そこで今回はバンドがCDをプレスする際に必要なことをまとめてみました!

国内プレスと海外プレスの違い

よく「納期は海外プレスは遅くて、国内は早い。」なんて聞かれますが、最近ではほとんど変わらない印象を受けます。
じゃあ国内プレスと海外プレスでどんな違いがあるのかって言うと、

国内プレスのメリット

・追加プレスがスムーズ
・大量枚数のプレスだと安くなる(10,000枚からが分岐点と言われます)

海外プレスのメリット

・価格が安い
・Made in Taiwanの表記がされる。
・追加プレスの際にデータの再入稿が必要なことが多い

などがあげられます!

バルク?スリムケース?ジュエルケース?

まずはそれぞれの違いについて。

バルクとは

bulk
バルクとは、直訳すると“ばら積み”の意味です。
バルクでプレスを依頼すると、プレスしたCDやDVDが100枚ごとに個別フィルムで簡易包装して段ボールに積まれ、納品されます。
ちなみにこのフィルムをはがすときに結構CDにくっついてしまうことが多々あります(笑)
簡易包装という点で価格を抑えることが可能になります。

スリムケースとは

slim-case
スリムケースとは背幅5mmの薄いプラスチックケースです。
ジャケットなどのフロントカードも同封できるのでCD-Rでのデモ音源を販売する際に多く使われているようなイメージですね。

マキシケースとは

マキシケースとは、背幅7mmのプラスチックケースです。
帯が必要な場合はマキシケースのほうがお勧めです!

ジュエルケースとは

case
一般的なプラスチック製のCDケースです(背幅は10mm)。
スリムケースとの違いはバックカード(バックインレイ)、帯(キャップ)があるかどうかですね!

Sponsored Link

紙ジャケとは

アナログレコードでは紙ジャケが一般的でした。
ちょっとこだわりたい、周囲とは異なる仕様にしたいという場合にはおすすめです!

ちなみに、紙ジャケはA式とE式に分けられてそれぞれ仕様も異なります。

A式

a-shiki
チップボードと呼ばれるボール紙製の芯材に、表面、裏面から印刷された紙を貼り付けて作られた厚手のジャケット。

E式

e-shiki
印刷された紙そのものを折り曲げ、貼り付けて作られた薄手のジャケット。

ゲートフォールド

gate
開くと内側に写真や歌詞などが印刷されている豪華仕様のジャケット。

参考記事:紙ジャケ最前線

デジパック

Digipak

デジパック (Digipak) は、CDのパッケージング仕様の方式である。厚紙の台紙にプラスティック製のトレーを貼り付けるのが大きな特徴である。
従来の規格に捉われることがないため、観音開き (gatefold) にできたり、より多くの歌詞カードや解説ブックレット、写真集を収納できるなどの利点がある。
引用:wikipedia

造りも豪華ですがなにより料金が高い、対応できる業者が限られている…など課題もあります。

次ページ:シルクプリント、オフセットプリントの違い について

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする