日本人はコレクター気質?そこに着目すると今後の音楽コンテンツのあり方がわかってくる件。


最近すごくアナログレコードがほしいんです。もともとコレクター気質ってこともあるんですが…。
YoutubeやiTunesでも曲の視聴や購入はできますけど、やはりモノとして残したい。
むしろ集めたい。コンプリートしたい!というコレクター魂がふつふつと沸いてきています。
でもこの心理を知ることって、CD不況の今の音楽業界の活路につながるんではないかと思って深めてみました。

コレクターの3つの心理

コレクターの心理ってなんだろなと。
なぜそうも必死になって集めるんだろうと。
その理由は大きく分けると3つあるようです。

1.子どもの頃にかなえられなかった夢を、コレクションで実現しようとするタイプ

aart_info_6161
俗にいう「大人買い」ですね。笑
子供の時に抱いていた欲求を、金銭的にコントロールできる大人になってから実現しようとする。
この感覚は特に男性に多いような気もしますが、こんな記事もありました。

子どもの頃、ほしくても買ってもらえなかったキャラクター人形やシールなどを、大人になってから全て完璧にそろえようとするタイプは、親の支配や抑圧から逃れられず、無意識に親への葛藤を払しょくしようとしていることがあるようです。
このタイプは親への葛藤がぬぐえない限り、コレクションをやめることができないため、強迫観念のように見える集め方をします。親への反抗だと自覚しない限りは歯止めがなかなか利かないため、やめさせるのがむずかしい特徴があります。引用:コレクション好きの心理は3パターンある

強迫観念って解釈は「コンプリートしなきゃ!」って感覚と似ているような気もします!

次ページ:2.社会認知欲求を、コレクションで満たそうとする代償行為タイプ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Menu