バンドのプロモーションの方法もここ数年で大きく変わってきたと思います。
10数年前は雑誌やテレビ、ラジオ、もしくはCDショップでのPRが主だったのに、今はネットを使っての方法も主流になってきました。
そんななか、東京のメタルコアバンド“Crystal Lake”がTwitter広告を使用していたのには感心させられました!

Crystal Lake

Crystal Lake
画像引用:Crystal Lake Official Tumblr

クリスタル・レイク(Crystal Lake)は、東京を拠点に活動しているメタルコアバンドである。
バンドの構成はヴォーカル、ギター×2、ベース、ドラムスの5人から成る。結成当初は90年代のニュースクール・ハードコアからの影響を強く受けている印象であったが、近年の彼らのサウンドは00年代以降主流となったメタル、メタルコア、メロディック・デスメタルなどからの影響が強くなってきている。
引用:wikipedia

Crystal LakeによるTwitter広告

ある日何気なく自分のTwitterのタイムラインを眺めていると…
crystal-twitter1

Crystal LakeがLimp Bizkitの『Rollin’』をカヴァーのMVをTwitterによる広告サービスでPRしていたんですね!
【Crystal Lakeによるプロモーション】という記載もありましたし。

クリックすると

crystal-twitter2

このようにYoutubeにアップしているMVにリンクします。
この時点で27万PVですから、、、すごい!

ちなみにTweetの×ボタンを押すと、
crystal-twitter3

このような表示になるのでご注意を!笑

Twitterによるプロモーションについて

AmazonやwebサービスなどのTwitter広告はよくTLで流れてきていたのですが、バンド関係での広告ははじめてでしたので結構びっくりしました!
これも一つの広告戦略なのかと、考えさせられましたね。

Twitter広告の登録の方法やネットマーケティング上のメリットなどは

課金方法

Twitterの広告はエンゲージメント課金と呼ばれる課金方法なので、TL上で表示されるだけではお金はかかりません。
Crystal Lakeの場合、クリックしてRollin’のMV(Youtube)まで飛んだ時点でお金がかかるようになります。
ちなみに1エンゲージメントあたり10円からの入札方式のようです。

メリット

ただ、表示されるのみではお金はかからないのと、RTなどで拡散されても課金はされないようです。
そういった意味では、リスティング広告よりは費用を抑えて広告をうつことができるとされています。

ターゲティングについて

Twitter広告でのターゲティングは次の3つになります。

・ハンドルターゲティング
・インタレストターゲティング
・キーワードターゲティング

ハンドルターゲティング

関連ハンドル(ユーザ)名などを基本として、ターゲットになり得るハンドルを指定、配信を行うターゲティング方法です。
ハンドルを指定している為、競合やターゲットを抱えているハンドルのフォロワーに広告を表示させることが可能です。

例:例えば競合メタルコアバンドやメタルコア好きな人がフォローしてあるだろう「激ロック」のアカウントをターゲットとすると、激ロックのフォロワーにCrystal Lakeの広告が表示される。

インタレストターゲティング

人々の興味や関心のある人やものの相関図(インタレストグラフ)を利用し、アクティブユーザが興味を持っているトピックに合わせたツイートを表示します。
hand_img01
画像引用:WebNAL

ただ、この場合ジャンル分けが大きすぎるので「音楽好き」にターゲットは絞れても、「メタルコア好き」までは絞れないのでバンドによる広告にはちょっと不向きかと。

キーワードターゲティング

ツイートからは様々なシグナルが発信されています。
Twitterではツイートとエンゲージメントという形でリアルタイムなシグナルが発信されており、 それをターゲティングに活用します。シグナルは「何をツイートしているのか」と「何にエンゲージメントしたのか」の2つに分けられます。

hand_img02
画像引用:WebNAL

このキーワードターゲティングではキーワードマッチを「一致」と「フレーズ一致」の2種類から選ぶことができるようですが、、、バンドのPRにはちょっと使いにくいかなと。

まとめ

ざっくりですがCrystal LakeのTwitter広告戦略からTwitterによるプロモーションについて考えてみました。
細かく執筆するとコンバージョン率やCPCなどの話になりごちゃごちゃになりそうだったので、少し簡潔に焦点を絞りましたので、詳しくこのTwitter広告について知りたい方は
WevNALのサイトを参照してみてください!

うちもこれ、やろうかな??

Sponsored Link