DIY(Do it yourself)が好きです。手先が器用というわけではないんですが、「手作り」とか「ハンドメイド」とか「一点もの」ってのに萌えるタイプです!
音楽ももっといろんなことをDIYでできたら面白いのに…と常々思っていたら、『ギター制作キット』なんてものがあるんですね!
これは、、、男心をくすぐるぞ!!!!

なぜキットを選ぶのか?

「ギターを作りたい!」といっても一から制作するのは非常に難しいんです(当然ですが)。
木材の選定、加工からネックの制作などなど。
専門職があるくらいなので、もはや職人の域です。

参考映像↓

そうなると、やはり初めから必要なパーツがそろってあるキットから始めたほうがスムーズなんじゃないかと。
PCを組み立てるときと同じ感覚です。

注意点

キットを購入するにあたっての注意点をいくつか!

1.余裕のある時間を確保する

いくらキットとはいえ、制作に結構時間がかかるようです。
1日どのくらいの時間を費やすのかにもよりますが、2日~4日程度はかかるとみていた方がいいようですね。

2.塗装の場所を確保する

加工自体は組み立てるだけなのでまだいいんでしょうけど、問題は塗装でしょうね。
屋内でも換気を良くし、しっかりと事前準備しないと後でひどい目にあいます(経験者)。

3.工具をきちんとそろえる

キットを見る限りでは電気関係のパーツはハンダで配線処理されているものが多いですが、それでもハンダゴテとハンダは持っていて損はないでしょう。
パーツを変えたりカスタマイズする際には必需品となりますから。

4.諦めない

なにより「諦めない」。
そのためには気持ちに余裕をもって制作する必要があります。

5.「楽しむ」ことを忘れない

意外に大事な精神論(笑)
たまに「あれ?なんで俺こんな苦労してるんだろ?」って我に返ってしまう時があるでしょうから、楽しんで制作することが必要です。

次ページ:“どんな種類があるのか?”について

Sponsored Link