バンドでもドラムの方が腰痛悪化して脱退…なんてニュース、いまだに聞きます。
他のパートよりもどうしても腰に負担がかかりやすいんでしょうね。
そこで今回は腰痛について、それも特に深刻になりやすい「椎間板ヘルニア」について。
日常生活を送るのが困難になる方もいらっしゃいますので。。

腰痛の原因

– 腰痛といっても原因は様々ですが第4、5腰椎の異常によるものがドラマーの方には多くみられます。
この第4、第5腰椎は腰椎の中でも大きな負担がかかる部分であり、骨盤や腹筋と共に上半身の負荷を支える大事な部分でもあります。
スムーズな動きを出すために骨格組織が少なくなっており、構造的なもろさを持ち合わせている場所になっています。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは、背骨の腰部の椎骨と椎骨の間でクッションの役割を果たしている軟骨(椎間板)が変性し、組織の一部が飛びだすことをいいます(ヘルニア=何かが飛びだすこと)。
このとき、飛びだした椎間板の一部が付近にある神経を圧迫し、腰や足に激しい痛みやしびれなどの症状を起こします。
この症状を※坐骨神経痛といい、椎間板ヘルニアの代表的な症状となっています。
引用:椎間板ヘルニア

症状

脊椎の神経を圧迫しているため腰痛だけでなく下肢のしびれが起こります。主な症状としては、
坐骨神経痛
腰痛
腰から足先にかけてしびれや痛み
感覚障害
冷感
筋力の低下
などがあげられます。

ドラム演奏時に腰痛だけでなく、バスドラムのペダルを踏む下肢に力が入りにくい場合などは高確率で神経を圧迫している可能性が高いです。

ドラム演奏はなぜ椎間板ヘルニアを引き起こしやすいか?

– ドラム演奏における椎間板ヘルニアの原因としては、あきらかに腰椎への過度な負担によるものです。
特に第4、第5腰椎に関しては日常生活上の動作(立ったまま前屈をする、中腰になるetc)でも相当な負担がかかる上にドラム演奏が重なるので、
ドラマーの方にとっては非常に「発症しやすい病気」と言えます。

原因の多くはペダル操作なのかもしれない

– 私見ですが、腰痛に悩むドラマーの方にお話しを聞くと結構バスドラムとハイハットのペダル操作が原因のような印象を受けます。

人間が動作をするときって、身体は「自由に動く部分(mobility)」と「その動きを支える部分(stability)」の2つに分かれます。
ドラム演奏で言えば、スティックでシンバルやタム、スネアを叩く際には、肩~体幹が固定的に働くからスティックを持っている手が自由に動かせる…といったことです。

仮にペダルに座って地に足を着けている状態での上肢での演奏のみだったら、その動きを支持するための力は腰から足にかかるのでいくらか分散されますが、
通常は右足でバスドラムのペダル、左足でハイハットのペダルを操作するので下肢は『支持』の働きができません。
両上肢、両下肢を自由に動かすために身体のどこが支持的に働くかと言えば、ペダルに座っている部分であり身体の中心に位置する『腰』になるのかと。

その演奏に加え、ラウドバンドだったら首も振るんですから腰への負担は半端ないのかと思います。

次ページ:ドラム演奏時の腰痛予防 について

Sponsored Link