「儲けるため」に音楽業界に関わっているのではないのですが、クライアントのバンドやミュージシャンが少しでも音楽活動を円滑にするためには多少は「稼ぐ」ということも考えないとと思いまして…。
いろいろな本を読むことからマーケティングなどのビジネス面での勉強しています。今回は『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』という本がとても勉強になったので3回に分けてご紹介。
『地獄の沙汰も金次第』っていいますからね~。

グレイトフル・デッド

greatful_dead
画像引用:pintrest

グレイトフル・デッド (Grateful Dead) は、アメリカのロックバンド。1965年にカリフォルニア州サンフランシスコで結成された。グレイトフル・デッドの音楽はロック、フォーク、ジャズ、ブルーグラス、カントリー、ブルース、サイケデリック・ロックなど様々な要素を内包している。ライブの長時間にわたる即興演奏を信条としていた。
1960年代のヒッピー文化、サイケデリック文化を代表するアーティストである。デッドヘッズと呼ばれる熱狂的な追っかけファンが多く、ヒットチャートとはほとんど無縁の存在ながら、毎年のようにスタジアム・ツアーを行い、常にアメリカ国内のコンサートの年間収益では一、二を争う存在だった。日本では知名度が高くないが、本国アメリカではアメリカを代表する伝説的バンドとして認識されている。
引用:wikipedia

ちなみに「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」で第56位に選ばれているバンドです。

『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』

ビートルズよりストーンズより儲けてしまったバンドの秘密。
それはフリーでシェアでラヴ&ピースな、21世紀のビジネスモデル。

オバマ大統領から、スティーブ・ジョブズまで、
米国トップは皆グレイトフル・デッドから学んでいた!
引用:Amazon

著者はもともとこのグレイトフル・デッドの熱狂的なファンであった“ブライアン・ハリガン”と“デイヴィッド・ミーアン・スコット”の二人。
ブライアンは『Hubspot』の共同創業者でありCEO、デイヴィッドは多数のビジネス書も執筆しているプロの講演者。

一見お堅い職についているこの二人の背景に、グレイトフル・デッドの音楽が存在しているというのはすごいことかと。

加えて、大好きな“糸井重里”さんが関わっている点も大きい!笑

『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』から学ぶ

実際に読んでみて、大事な点が各章にあったのでまとめてみます。
バンドマンは必読!笑

次ページ:ユニークなビジネスモデルをつくろう

Sponsored Link