「監獄学園 -プリズンスクール-」って作品ご存知ですか?
アニメ化に続いて実写ドラマ化、ついには映画化までしてしまうかなりの話題作ですが…。
結構問題作でもあるんです(笑)
その問題作のドラマが10月より放送予定ですが、OPテーマを担当するアーティスト『HaKU』について調べてみました!


「監獄学園 -プリズンスクール-」について



『監獄学園』(プリズンスクール)は、平本アキラによる日本の漫画作品。『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて、2011年10号から連載中。
2015年7月からテレビアニメ化。同年10月からテレビドラマ化。
引用:wikipedia

– もともとタイトルは知っていましたが、ホラーやサスペンス系の漫画だと思ってました(笑)

「監獄学園 -プリズンスクール-」概要

東京都郊外にあり、共学化したばかりの元女子高・私立八光学園に入学したものの、女子風呂を覗いた罪で裏生徒会により懲罰棟(通称・プリズン)に投獄された男子生徒5人の学園生活を描く、ハイスクールコメディ作品。脱獄や性的描写、策略などを取り入れたシチュエーション・コメディが特徴である。
引用:wikipedia

– 登場人物全て、かなり個性的でキャラが際立っています。

“HaKU”について



バイオグラフィ

何色にも染まらない白(ハク)色のイメージ。 そして、1音1拍(ハク)に思いを込め、息を吐く(ハク)ように歌い続けたい、という意味を持つ。
2007年、大阪で結成。
2012年10月、EMI RECORDSよりメジャーデビュー。
高度な演奏力とクリエイティビティを兼ね備え、圧倒的バンド・サウンドを軸としたライブに高い評価が集まる中、2014年後半からはHaKUの新機軸となるシンセ・サウンドを積極的に取り入れ、フロアを徹底的に躍らせていくダンスミュージックを追及。
2015年4月、UNIVERSAL Jへ移籍後、初となる楽曲「happiness ~シアワセノオト~」をリリース。
ダンスミュージックの独自解釈をさらに深めていく中で、メインボーカルをBa. 三好春奈が務め、より煌びやかに、よりダンサブルに昇り詰めていく姿が引き続き注目を集めている。
常に新しく唯一無二の存在と世界を築く楽曲は国内だけでなく、国外の音楽ファンからも支持されている。
引用:HaKU 公式サイト

– 大阪はいいバンドが生まれる街だと勝手に思っています。

もっと見る→

HaKU 過去のリリース作品

BREATH IN THE BEAT (2009.11.11 Release)



解放源(2010.7.2 Release)



astronautS(2010.12.8 Release)



digitized Grisaille(2011.10.5 Release)


digitized Grisaille


Simulated reality(2012.10.10 Release)



masquerade(2013.1.23 Release)



wonderland(2013.06.05 Release)



シンバイオシス(2014.04.30 Release)



果てなき欲望(2014.8.13 Release)



I HEAR YOU(2015.07.01 Release)



衝動(2015.11.18 Release)




衝動(初回限定・監獄学園盤)(DVD付)

ダンサンブルな楽曲が多くなってきているような印象を受けます!

まとめ

『監獄学園 -プリズンスクール-』の世界観や雰囲気にこのHaKUが合っているか?というと様々な意見がありそうですが、宣伝効果としてはすさまじいのかもしれませんね!
“HaKU”の楽曲はどれも好き(特にここ最近)なので、これを機に更にブレイクすることを願っています!

個人的にこの曲が好きです!



Sponsored Link