【ハルチカ -ハルタとチカは青春する-】第2話 感想やネタバレ含むレビューまとめ


Sponsored Link

吹奏楽サスペンス(?)な2016年冬アニメ『ハルチカ -ハルタとチカは青春する-』の第2話が放送されました!
作画きれいなこともあり、話題になっています…今回は第2話の感想やネタバレを含むレビューをまとめてみました!

ハルチカ -ハルタとチカは青春する- 第2話 あらすじ

#02 「クロスキューブ」
あまりに少人数なため、コンクールへの出場すら危ういチカたちの吹奏楽部。部員を確保しようと、チカは勧誘活動に余念がない。中でも、全国大会に出場経験のあるオーボエ奏者・成島美代子は、普門館を目指すチカやハルタたちにとって、どうしても欲しい人材だった。ハルタと共に、成島の元へと向かったチカだったが、当の本人は「もう吹奏楽をやるつもりはない」とそっけない態度。困ったチカに、ハルタはある策を提案する。

ハルチカ -ハルタとチカは青春する- 第2話 感想(ネタバレあり)


– ホモなだけではない深い設定でしょうね(笑)


– BL??

Sponsored Link


– なるほど!と思いました!

もっと見る→


– あれは笑いました!


– でしょうね!チカちゃんかわいい!


– これよく気づいたな!って思いました!すげーーーーーーー!!!

まとめ

ハルチカ -ハルタとチカは青春する-の第2話をみて、登場人物の様々な感情が徐々に表現されてきたんだろうなって思いました!
うーむ、中盤ですごい化けそうな予感。。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする