最近、病気にならないための予防にも病気を回復するためにも「免疫力」が欠かせないんだとあらゆる場面で痛感させられます。
モーツアルトなどの音楽を聴くことで免疫力が上昇するってことは比較的周知されていますが、どうやら楽器演奏にも免疫力アップの効果があるということがわかってきました。
そこで今回は『ドラムやパーカッション演奏は免疫力アップになる』ということについて!
キーワードは“ヘルスリズムス”です!

そもそも“免疫”って?

免疫とは病原菌やウイルスなどの外敵の侵入を防いだり、 体内にできた害をもたらす細胞を除去するという自己防衛機能。 体内で発生したガン細胞や外から侵入した細菌やウイルスなどを常に監視し撃退するその仕組みは実に精巧にできており、いくつもの免疫細胞が協調しあって働いています。 免疫細胞たちは、あなたが意識していない間にも、ガン細胞を死滅させたり、風邪などの病気にかからないように外敵の侵入を防いだりしてくれています。
引用:免疫力とは?

ウイルスや病原菌と戦う力、それが「免疫力」です。

免疫力がアップすることでのメリット

免疫力が上昇すると、

・風邪やインフルエンザ、ノロウイルスやO-157大腸菌による食中毒など、様々な感染症を防ぐことが出来る
・血行が改善し、肩こりや冷えが解消され、高血圧などが改善される
・心臓病、動脈硬化、C型肝炎、脳梗塞、糖尿病、リウマチの予防になる
・ガンを予防し、発症してしまったガンの進行を遅らせることができる。
・ガン自体を消滅させることが出来たという事例も報告されている。

などの効果があげられます。

現代人は不規則な生活やストレスによってこの免疫力が低下していると言われています。

ドラムやパーカッションが免疫力アップに効果的

神経免疫学者でありMind-Body Wellness Centerの医療ディレクターでもあるバリー・ビットマン博士は、「(免疫力をアップさせるには)音楽を聴くのも良いが、「グループ·ドラミングセッション」に参加した人々はナチュラルキラー細胞が大きく活性化した」という研究結果について述べています。

次ページ:ヘルスリズムスについて

Sponsored Link