本当はエロい?恵方巻きの起源は吉原説は本当かデマなのか?


2月3日は節分ですね。
ここ数年で急に豆まきだけでなく『恵方巻き』の風習がしっかり根付いた印象を受けますが…実はこの恵方巻き…結構エロ、、、アダルトな由来があります。
それも『恵方巻きの起源は吉原で遊女に×××させたのが始まり』というもの。
この話って、本当なんでしょうか?

節分とは

節分(せつぶん/せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。この場合、節切月日の大晦日にあたる。本項目では、立春の前日の節分、およびその日に行われる伝統的な行事について述べる。大寒の最後の日であるため、寒さはこの日がピークである。
一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆(炒り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けを行う。また、邪気除けの柊鰯などを飾る。これらは、地方や神社などによって異なってくる。
引用:wikipedia

恵方巻きとは

恵方巻、恵方巻き(えほうまき)とは、節分に食べると縁起が良いとされている「太巻き(巻き寿司)」、および、大阪地方を中心として行われているその太巻きを食べる習慣。
「恵方巻」という名称は、1998年(平成10年)にセブン-イレブンが全国発売にあたり、商品名に「丸かぶり寿司 恵方巻」と採用したことにより広まったとされている。
引用:wikipedia

– まだ全国に浸透して20年も経っていない風習ですが、ちょっとした経済効果になっているようです。

次ページ:本当はエロい、恵方巻き?について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Menu