熱烈なアイドルファンの8つの「喜び」から、バンドの売り出し方を考える。


Sponsored Link

まだまだアイドルブームです!
でも音楽をやっている人だからこそこの「アイドル業界」を知っておくことって大事だなと思うんです。
誰かが誰かを応援し、支持するという気持ちをきちんと考えることで、バンドの売り出し方も見えてくるのかと。

熱烈なアイドルファンの8つの「喜び」

1.「育てる喜び」

アイドルを応援することは「育てる喜び」だと考えることができます。
AKBがまさにそうですね。
CDに同封してある投票券によって、自分が推すメンバーの今後が左右される。
自分が「応援しなきゃ」あの子は順位が下がってしまう。
こういう心理が働いています。

2.「承認される喜び」

アイドルの握手会に何度も参加することは、「承認される喜び」が働いていると考えられます。
TVや大きなステージで活躍しているアイドルが、自分の顔と名前を覚えてくれている…。
この「自分の存在が認められる」という心理は非常に重要と考えられます。

3.「共有する喜び」

この「共有する」にはいくつかの種類があると考えられます。

Sponsored Link

推しメンバーのカラーと同じグッズを共有する

アイドルのメンバーによってそれぞれカラーが決まっているのですが、推すメンバーのカラーのものを身に着けたり、所持したりすることで「共有している」という心理が働いています。

アイドルの成長を「共有する」

デビューしたてのまだ初々しい時代~初めてのワンマンライブ、初めてのシングルオリコントップ10入りなど、そのアイドルの成長する過程を楽しみ、それをメンバーと一緒に、またはファン同士と「共有する」ことが喜びである場合もあります。

4.「競争する喜び」

「人は常に人と同じでありたい」と思うと同時に、「他人よりも抜き出ていたい」とも思う生き物です。
「俺はあのメンバーに○○○万円つぎ込んだ!」
と公表してしまうのも、「自分はどのファンよりもあのメンバーを想っている」という心理からでしょうね。

5.「恋をする喜び」

誰かを恋愛感情、もしくはそれに近い感情で想うことって実は人間が生活していくうえで重要なことなんです。
それが決して実るような恋ではなくても。
『誰かを想う気持ち』がない状態での生活って、案外寂しいものなのかもしれません。

次ページ:6.「繋がる喜び」 について

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする