バンドにとっていかに自分らの活動をアピールするかって重要なことかと思います。
その方法のひとつに、音楽雑誌や有名音楽サイト(ブログ)などでの掲載があげられますが、今回はどのタイミングで雑誌などのメディアに情報を流すか、ということについて。
こうしてると、音楽雑誌などに連絡するきっかけやタイミングって結構あるのかもしれません!

音楽雑誌(サイト)に連絡をするベストなタイミング

1.レコーディングを開始する時

新しいアルバムのレコーディングを開始したというニュースは、ファンにとってはとても喜ばしいニュースです。
また、このニュースは雑誌やサイトにとっても新しい読者を増やすことにもなります。

伝える内容には、
・どのエンジニア、プロデューサー、ゲストミュージシャンが関わっているか
・どこでレコーディングを行っているか
・前回のレコーディングのと異なる点
などがあげられます。

2.レコーディングに没頭しているとき

レコーディングが数か月以上かかる場合は、リリースを待っている人がいまどのくらいの進行状況なのか確認できるようにするのも必要です。
ちょうど折り返し地点とその後の進行によって情報を流すのがよいかもしれません。

内容としては
・新曲は何曲収録されているのか
・曲の仮タイトル
・写真やビデオ、ラフミックス音源やデモの公開情報
などがあげられます。

3.レコーディングが完了したとき

無事にレコーディングが終了したときも、情報を流すとよいです!
その際には、レコーディングスタジオでの動画や写真などが拡散されやすくなります!

4.アルバムのタイトルを決めるとき

アルバムのタイトルが決まったときというものは、待っていたファンにとっても非常に興奮するときでもあります。
また、音楽雑誌やサイトにとってもこのニュースは新しい読者をひきつけることになります。

必要な内容としては、
・バンドのキャリアについての詳細
・ニューアルバムについての説明の抜粋
・いかにそのタイトルがバンドやアルバムを表しているか
などがあげられます。

5.アルバムジャケットが決定したとき

バンドのアルバムの楽しみの一つでもあるジャケット(アートワーク)が決定したときも、情報を流すとよいでしょう。

次ページ:6.アルバム収録曲を1曲(もしくは数曲)公開するとき

Sponsored Link