たまにギターを弾きます。バンドをしていた時代に比べれば思いっきりたどたどしい演奏ですが(笑)。
ただこの楽器を演奏するということは非常にメリットがあり、ある種脳トレにもなることがわかっています。
部屋にあるギターがインテリア化している方は、もったいないです!

楽器演奏を行うことでのメリット

楽器演奏のトレーニングを行うことでのメリットについて。

楽器の演奏練習はスポーツや演劇、ダンスに比べると2倍以上認知、非認知能力を向上させることができる

ドイツの専門家の研究によると、楽器演奏のトレーニングを行うことは認知能力を向上させるだけでなく、物理的なスキルとパフォーマンスを向上させることが判明したと発表されています。

楽器の演奏練習が終了した後でも、良い効果が数年間持続する

神経科学の学術誌の2012年の研究によると、「音楽的な訓練(楽器演奏経験)」を受けたのが過去であっても、長期間その影響が持続するとのこと。
子供のときに楽器を学ぶと、年をとってもポジティブな影響を受け続けるということのようです。
これは認知機能の低下やアルツハイマーなどの病気に対する抵抗力としても効果があり、症状の進行を遅らせることにつながるようです。

音楽を学ぶということは学術的な成功にも貢献する

カリフォルニア大学のジェームズ・カテラル博士が、学生2万5000人を対象に調査をした結果、音楽と芸術を学ぶ生徒は成績が良いうえに欠席が少なく、地域のボランティアにも積極的に参加していることがわかったとのこと。
楽器演奏は脳内のネットワークを強固にする効果もあるので、このような点で学術的な成功につながるのだろうと考えられます。

楽器を演奏していた高齢者は、精神が研ぎ澄まされている

高齢の楽器奏者は、楽器を演奏しない人に比べて認知テストの結果が良いことがわかっています。
また、エモリー大学のブレンナ・ハンナ博士が、60~83歳の70人に対し「認知症に対してのテスト」を実施したところ、楽器演奏者は最高レベルのスコアを記録し、楽器を演奏しない人よりも優位な結果となったとの報告もあります。

次ページ:楽器演奏がもたらす脳への影響 について

Sponsored Link