バンドのマネージャーって今後必要になってくると思う理由。


Sponsored Link

ある程度忙しいバンドには“スタッフ”とか“マネージャー”がつく場合が多いとは思いますが、やっぱりバンド運営を考えるにあたって、
メンバー以外の人員って必要なんだと思うんです。

海外と日本のマネージャー事情の違い

以前読んだ本に海外と日本におけるアーティストマネージャーの違いについて記載があったのですが、
海外ではマネージャーとアーティストが個人契約(委託)で、日本では主に所属事務所がアーティストにマネージャーをつけることが主のようです。

受け身ではもう生き残れない

海外では完全個人契約ですし、アーティストがマネージャーを選ぶので日本とは事情も違いますが、
少なくても『アーティストのキャリアアップ』につながらないマネージャーは必要ないということです。

Sponsored Link

レーベル側とアーティストの「連絡業務」としての機能のみであったり、
レーベルからのリリーススケジュールや音楽性の変更などの圧力に対しての対応程度の受け身なマネジメントでは、パッケージビジネスが破たんしかけている現在では
必要性が高くないと言えます。

これからのアーティストマネージャーの役割

事務所所属だろうが、個人契約だろうがこれからはマネージャー自身が自発的にアーティストをビジネスにつなげることをしないといけません。

例としてあげると、

・企画とのタイアップの獲得
・スポンサー契約の獲得
・クラウドファンディングなどによる資金の獲得
・音源の流通業者への手配
・SNSやwebの運営   などなど

ここまでくると、もはやそのマネージャー自身がアーティストのレーベルとしての機能を担うと言っても過言ではないかもしれません。

次ページ:マネージャーとしての報酬について

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする