【NORN9 ノルン+ノネット】第1話 感想やネタバレ含むレビューまとめ


乙女ゲーム(かな?)原作の2016年冬アニメ『NORN9 ノルン+ノネット』の第1話が放送されました!
作画もきれいで幸先いいですが…今回はその感想についてまとめてみました!
ネタバレしたくない人はご注意!

NORN9 ノルン+ノネット 第1話 あらすじ

第1話
「空を征く船」
■脚本:高橋ナツコ ■コンテ:阿保孝雄
■演出:垪和等 ■総作画監督:竹内由香里

「その服が着られるぐらいになったら、迎えは来る」という言葉を信じて、たった独りで生きてきた少女・こはる。17歳になった春、その言葉通り、彼女の前に球体の船“ノルン”は現れた。こはるを迎えに来た青年・駆に、船に招き入れられ、特殊な能力を持った10人の男女に出会う。「この能力を、平和のために活かす。それが『世界』から与えられた私たちの使命」――こうして、11人の新たな旅が始まった。

NORN9 ノルン+ノネット 第1話 感想(ネタバレあり)


– やなぎなぎさんの曲はピッタリでしたね!


– ストーリーの改変はないのでしょうね!


– 1話はだいたい説明臭いストーリーなんですが、すんなり世界観に引き込まれました!

もっと見る→


– これからのストーリーがどうなるのか・・・


– 生足!!!笑

まとめ

イケメンキャラばかり出演するからどうだろうなって思ってましたが、女性キャラも魅力的なので…視聴継続で!笑

Menu