『NORN9 ノルン+ノネット』の第2話が放送されました!
相変わらずのイケメンキャラが豊富な作品なので、キャラソンCDがリリースされたら話題になりそうですね!
というわけで、今回は『NORN9 ノルン+ノネット』の第2話の感想をまとめてみました!
*ネタバレご注意!

NORN9 ノルン+ノネット 第2話 あらすじ

第2話「能力」
■脚本:高橋ナツコ ■コンテ:市村徹夫
■演出:市村徹夫 ■総作画監督:竹内由香里

突如襲撃を受けるノルン。
深琴の張った結界に守られていたはずのノルンだったが、なぜか襲撃犯・夏彦の進入を許してしまう。
自らの能力に異常がないことを確認した深琴は、襲撃犯と内通する者がいるかもしれないと口にする。
「この中に、あの男とつながっている人物がいるかもしれない」
疑心暗鬼になるメンバーに、駆はある提案を出す。

NORN9 ノルン+ノネット 第2話 感想(ネタバレあり)


– たしかに異世界部隊のアニメは置いてけぼりになってしまうことありますから。


– OPに伏線がっ!!

もっと見る→


– 狙った感がすごいしました(笑)


– すごいチェックしてるなと感心しました(笑)


– 原作ゲーム内のどのルートをアニメ化するんでしょうかね?

まとめ

乙女向けゲーム原作ということもあって、非常にサービスショットが前面にでていた回のような気がしました!
次回も期待!!

Sponsored Link