メジャーもインディーズも随分垣根がなくなってきた昨今。
バンドも事務所やレーベルに頼らずバンド個人で活動する事例も増えてきているようです。
そこで今回は『バンドの事務所やレーベルの違い』などについて考えてみました。

そもそもミュージシャンがCDをリリースするときには主に3つの会社と契約を行います。

①レコード会社(原盤制作会社)
②プロダクション(マネジメント会社)
③音楽出版社

その違いについてですが・・・

レコード会社について

cooperate 
画像引用:レコフォトfor Wedding

レコード会社(原盤制作会社)との契約って、「このCDを作るにあたって、あなたの歌唱・演奏を録音しますよ」という「録音契約(専属実演家契約)」というもの。
言うなれば、『楽曲を録音する権利』の話す。だから、アーティスト自身が所属するわけではありません(レコード発売権の所属)。

レコード会社はその権利をもとに録音をして、CDに複製して販売します。
(レコード会社ってもともと電気機器の会社の子会社から成り立った経緯があるようで、あくまで『製造販売業』になるんですと!)

ちなみに『レーベル』ってのはラベリングの一つであって、特定の音楽ジャンルのアーティストをまとめてひとつのカラーで売り出したいとき利用されるものなんです。
最近あまりこの『ラベリング』の意味合いが崩れてきているようなレーベルも多くみられますが。

プロダクション(マネジメント事務所)について

marketing-manager

このプロダクションとの契約ってのは『マネジメント契約』になります。
これによって活動や活動資金のサポート、プロモート、様々な交渉、スケジュール調整を含むマネジメントを行ってもらえます。

ちなみにアメリカではこのプロダクションって位置の法人(組織)は実質ないんですって。
その役割を担うのが、パーソナル・マネジャーになるようです。

音楽出版社について

音楽出版社というのは楽曲とその著作権が所属し、プロモーションと管理、使用料徴収などを行う著作権運用会社のこと。
内容としては「著作権契約(著作権譲渡契約)」と言われる『楽曲(歌詞)を使う権利を渡します』という契約。
音楽出版社にミュージシャンが所属するわけではないんですね。

ちなみに音楽出版社がレーベルと同一法人であることは著作物運用規定によって禁止されているんですね!
音楽出版社は著作権者であり、著作物を利用・使用する業務は、著作保護の観点で禁止されるわけです。

よってプロダクションはレーベルや音楽出版業を行うことは可能ですが、レーベルが音楽出版業を行う場合は別法人を用意しなければ団体の法人会員にはなりえず、音楽出版業は行えません。

つまり印税を得るために作った曲を契約させるわけですね。
音楽出版社は企業から得る著作権料に加え、著作権団体にテレビやレコード会社、カラオケなどから使用料を集めさせ、それが著作権印税となります。
著作権の規定によりレーベルは著作権を所有できないので、音楽出版社が必要なのです。(レーベルは隣接権と発売権を所有します。)

うーむ。複雑。。

次ページ:事例検討『きゃりー・ぱみゅぱみゅ』の場合

Sponsored Link