ここ最近改めて80年代のバンドや音楽を聴くようになったんですが、いろいろと考えさせられる人物を知ることができました。
その名も『リック・アレン』。この方、片腕なんですね。
なのにしっかりとリズムを刻むことができているんです。このリック・アレンについて調べていたら、ちょっと考えさせられましたのでご紹介。

リック・アレンとは

リック・アレンとはイギリスのハードロックバンド『Def Leppard(デフ・レパード)』のドラマーである。
Def Leppardは1980年代初頭にアイアン・メイデン、サクソンなどと並んで、NWOBHM (New Wave Of British Heavy Metal) ムーヴメントの中心的存在となった
(ただし、彼ら自身はNWOBHMバンドに括られることを嫌っていると言われる)。
イギリスのトップバンドのひとつで、アルバム総売上は6500万枚を超える(3500万枚は全米での売り上げ)。
アルバム『炎のターゲット』と『ヒステリア』が空前の大ヒットを飛ばし、80年代を代表するロックバンドのひとつとなった。
また、「VH1の最も偉大なハードロックバンド」において31位を獲得した。

(wikipediaより引用・一部改変)



Def Leppardのブレイク

1983年1月20日に3rdアルバム、『炎のターゲット』 (Pyromania) をリリース。そのアルバムの先行シングル、「フォトグラフ」が大ヒットし、全米シングルチャートでは12位に入るヒットとなる。
続くシングル、「ロック・オブ・エイジ」、「フーリン」によって、アルバムは年末までに600万枚(!)を売り上げました。

これは『マイケル・ジャクソンの『スリラー』に次ぐ最高2位を獲得』という表現だと、さらにイメージが沸くかもしれません!しかもこのアルバムはダイアモンドディスクに認定もされています。

1977年結成、メンバーチェンジの後、1980年にデビューしてから3年目にして大ブレイク!これからビッグバンドにのし上がっていくぞ・・・というときに悲劇が起こったようです。

リック・アレンを襲った悲劇

rick-accident
Photo by ultimateclassicrock.com

1984年12月31日、新しいアルバム製作中にリックが交通事故を起こし、左腕を全て切断することになったのです。

ドラマーにとって、腕は演奏するための道具。
彼にとってのドラマー人生は絶たれてしまったと言っても過言ではなかったと思います。

しかし他のメンバーはドラムはリック以外では考えられない、という判断から彼の復帰を待つことに。

そして、この事故とリックのリハビリの復帰に向けての報道を知ったイギリスの電子打楽器メーカー『SIMMONS(シモンズ)』がリックの両足・右腕だけでも演奏が可能なカスタマイズのエレクトリック・ドラムを製作することになる。

リック・アレンの復帰

rick-simmons
Photo by SFgate

事故から約2年後の1986年にドニントンで開催されたモンスターズ・オブ・ロックでDef Leppardは久々にライブを行いました。
さらに、1987年8月3日には4thアルバム、『ヒステリア』 (Hysteria) をリリース。
このアルバムだけではなく、シングルまで大ヒット!
文字通り、悲劇を乗り越えてビッグバンドに成り上がった、ことになります。

当時の演奏はこちら↓



次ページ:『リック・アレンの事例から考えられる3つの要因』について!

Sponsored Link