CDの売り上げが低迷しているのとは逆に、レコードの売り上げがここ数年で一番の伸びらしいんです。
実際周りにレコードを買っている人がいるかというとあまり実感はないですが、「レコードで買いたい」という声はよく聞かれるようになったのは事実です。
手軽にダウンロードできる昨今、なぜ持ち運びにくく扱いにくいレコードが注目されているのでしょうか?

[sc:h2 ]レコードの売り上げは確実にupしている

「レコードって最近また売り上げが伸びているんですよ!」って友人のバンドマンやミュージシャンに言ってもいまいちピンときていない反応をもらうことがあるので、レコード売り上げの推移のグラフをご紹介。

Amazonの調査結果

GrowthSmall
画像引用:Amazon.co.uk

おととしのデータですが、Amazon.co.ukでの調査によるとアナログレコードの売上は2008年以来745%増加していることがわかったそうです。
2013年度のアナログの売上は前年同期比100%以上になったとも。

Statistaの調査結果

世界最大の統計ポータルサイト“Statista”によるデータです。

lp_come_back
画像引用:THE HUFFING POST

2014年も減少することなく英国では100万枚を超えたとか!

[sc:h2 ]「聴く」以外の音楽の楽しみ方

「音楽=聴く」以外にはなにがあるか考えてみました。
ちなみにここでは「ライブ」や「コンサート」ではなくあくまで「パッケージングされた音楽」に焦点を絞って考えています。

「見る」楽しみ方

2266541131_a6819f5506_b
画像引用:tim caynes

「ジャケ買い文化」があった世代としてはこの「見る」楽しみ方には理解できるかと。
ジャケットのアートワークが気に入ったから思わずそのCD(レコード)を買って、「当たり・はずれ」を楽しむ、新しいバンドを発掘する、、、なんて体験は
少なくなってしまったように感じます。

あとはCD(レコード)内にある「ライナーノート」も「見る」楽しみの範囲かと。
「ライナーノート」ってアーティスト本人ではなく音楽ライターやレコーディング関係者による解説書なんですけど、その音楽が生まれた背景などが記されていたりするので深く作品に入り込むことができたんです!

「触れる」楽しみ方

5252526723_668e486a77_b
画像引用:Jessica

思うにこの楽しみって「質感」なんだと思います。
この質感はとくにCDよりはレコードに強く感じますね。
「でかい」「重い」というのが逆に「触れる」感覚体験を強力なものにしているのかと。

「所有する」楽しみ方

record-interior
画像引用:IF MUSIC

以前に執筆した記事の『日本人はコレクター気質?そこに着目すると今後の音楽コンテンツのあり方がわかってくる件。』でも触れたように
「所有する」という楽しみはアナログでもデジタルでも根本的には同じかなと。
ただCDやレコードになどのアナログメディアは「所有する」だけじゃなく「グッズ」や「インテリア」としての派生的な用途があるとも思います。

「作業する」楽しみ方

vinyl
画像引用:theartsdesk.com

ダウンロードだったら、ボタンやクリック一つでどこでもすぐに「聴く」ことができる。
CDだったら、聴くまでにCDを「開ける」→「取り出す」→「オーディオにセットする」という作業工程が必要。
レコードに関しては聴くまでにさらに針のセッティングや調整も必要。ましてや聴きこんでくると音溝のメンテナンスも必要になるし。

でもボタン一つで「聴く」だけでなく、そこに至るまでの作業工程すら楽しめる、こだわれるのがアナログの楽しみにつながるのかと思います。

「共有する」楽しみ方

share_vinyl
画像引用:The Boston Blobe

もちろんデジタルだったら便利ですよ。
メール一つ、USBメモリ一つで大量に、手軽に「共有」できますから。

でも、ふと思ったんです。
自分の娘が大きくなったときに、大好きな“ジョン・コルトレーン”をお勧めする時に

「コルトレーンの音源、このUSBに100曲入ってるから聴いてみなさい!」とか
「お前のiPhoneに入れてあげるから、このIDとパスワードをプレゼントするよ!」

っていうのはちょっと違うと。笑

せめてCDで渡してあげたいなって思うんですよ。

[sc:h2 ]まとめ

音楽に限らず、エンターテインメントと言われるものはその「目的」だけでなく「工程」ですら楽しめるものにする必要があるのだと思うんです。
「デジタル」とか「効率化」とか「時短」という考え方も必要ですが、そこを最優先してしまうと「つまらない」ものになってしまうんです。

「音」の「楽」しみ方は「聴く」という感覚でだけじゃもったいないんじゃないでしょうか?



Sponsored Link