ありがとう水木先生!ゲゲゲの鬼太郎の歴代声優を調べてみたよ。


“ゲゲゲの鬼太郎”で有名な漫画家水木しげる先生がお亡くなりになりました。享年93歳だったそうです。
よくネットでピザを食べたりラーメンを食べたりしている写真をみていたので、まだまだお元気で活躍されるか…と思ってたのですが…非常に残念です。
そこで今回は水木しげる先生の代表作“ゲゲゲの鬼太郎”の声優について調べてみました!


漫画家水木しげる先生について



水木 しげる(みずき しげる、男性、1922年3月8日 – 2015年11月30日)は、日本の漫画家。文化功労者、傷痍軍人。本名は武良 茂(むら しげる)。
大阪府大阪市住吉区出生、鳥取県境港市入船町出身[3][5]、東京都調布市在住。ペンネームは、紙芝居作家時代に兵庫県神戸市で経営していたアパート「水木荘」から名付けた。1958年に漫画家としてデビュー。代表作の『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』などを発表し、妖怪漫画の第一人者となる。武蔵野美術学校(のちの武蔵野美術大学)中退。
引用:wikipedia

-今回、自宅で転倒して頭を打ったのをきっかけにして入院してから、さらに体調が悪くなって…のようです。

ゲゲゲの鬼太郎について



『ゲゲゲの鬼太郎』(ゲゲゲのきたろう)は、水木しげるによる日本の漫画作品。また、それを原作とした一連の作品群の総称。
主人公で正義感の強い妖怪族の鬼太郎が、妖怪と人間が共存できる平和な世界を作るため、悪い妖怪と戦う物語である。題名の由来は、作者が幼い頃に自分の名前を「しげる」と言えずに「ゲゲル」「ゲゲ」と言ったことから着想し、もう一つゲをつけたことによる。
引用:wikipedia

-懐かしい。小さいころテレビアニメで見ていたのを覚えています。
ちなみに1968年に1回目のゲゲゲの鬼太郎アニメ化の後、4回リバイバルされています!

もっと見る→

歴代鬼太郎の声優について

第1期(1968年)・第2期(1971年):野沢雅子


https://www.youtube.com/watch?v=5t1_qj6Z2UU



– ドラゴンボールの悟空の声で有名な野沢雅子さん。昔から変わらない声!!!!

第3期(1985年):戸田恵子


https://www.youtube.com/watch?v=Rx_U-Yb97Lk



– アンパンマンの声で有名ですね!

第4期(1996年):松岡洋子


https://www.youtube.com/watch?v=9_p7DQEd9DY



– 有名作品では魔動王グランゾートの主人公“遥大地”なんですが年齢がばれそうなので(笑)、最近で言えばワンピースのアルビダ役です!

第5期(2007年):高山みなみ


https://www.youtube.com/watch?v=cfIDISz-peI



– まんま名探偵コナンです!(笑)

まとめ

こう振り返ってみると約50年前のアニメだった鬼太郎が今でも(声優は違えど)生きているっていうのはすごいことでしょうね。
水木しげる先生のご冥福をお祈りしています。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Menu