東京グール2期が2015年1月から始まりますが、オープニング担当のアーティストはösterreich (オストライヒ)!
あれ?『凛として時雨』のTKかと思ったら違うんだ?
ってわけで、このösterreich (オストライヒ)を調べてみました。

österreich (オストライヒ)

元the cabsのギタリスト高橋國光によるソロプロジェクト。
「東京喰種√A」主題歌制作にあたり、ゲストミュージシャンとしてハイスイノナサの鎌野 愛をボーカルに迎え、オリジナル書き下ろし楽曲を制作。

東京グール 公式ホームページより引用

the cabsって2013年に解散したバンドなんだけど、解散するとき失踪してライブキャンセルとかひき語りとかでバタバタしてたましたよね。
バンド業界だと結構よくある話ですが…。

当時のレーベルは残響レコードですから、結構活動規模は大きかったのかなーなんて思います。

でもこうやって復活して、しかもアニメのタイアップを取るということは、どこでチャンスが転がっているかわからないものですねー。

ちなみに、この高橋 圀光氏からのコメントがこちら。

「素人同然の自分が、久しぶりに音楽をやる舞台をもらえて、更にそれが東京喰種という漫画に関わるもので、なんだか未だ現実味のない物体に支配されているような気分です。
どうにかそいつを飲み込もうと苦心していますが、 どうしても喉を通りません。
そいつはするすると舌を滑り、踊り、時として奇妙な同居人のようにすら思えます。
吐き出すことも出来ず、苦虫を噛むことすら叶わず、どうしたものかとふらふらしていたとき、ふと、ああきっと人を食べるときはこんな気分なのだろうと思いました。
奇妙なそいつと共に作った曲が、東京喰種に、みなさまの生活に色を残すことを願っています」

東京グール 公式ホームページより引用

結構、プレッシャー感じている様子(泣)

たぶん、東京グールの作者である石田スイ氏からのオファーだったんじゃないかな?
1期のTKの時もそうでしたから。

ハイスイノナサについて

今回のゲストボーカルであるハイスイノナサのボーカル/キーボードの鎌野 愛氏。
すごい透明感のある声ですから、東京グールのイメージにどうマッチするのかが楽しみです。

まとめ

チャンスはどこに転がっているかわからないからこそ、つながりを大事にし、続けていかないことには始まらないんだと。
音楽活動を継続していくって、結構大変なんですよ。
だからこそ、少しでもAARTが力になりたいなと、思っているんです。

画像引用:ガジェット通信

Sponsored Link