実はこっそりデジタルレーベルものんびりやってるんですが、これ“Tunecore”って会社のサービスを使っています。
当時関わっているバンドのシングル配信のために違う会社を利用していたのですが、まあ思うところもあって他のサービスを探していたんです。
その時見つけたのがこの『Tunecore』。
もう利用し始めて2年目になりますが、かなり手厚いサービスなのでご紹介!

チューンコアジャパン株式会社

tunecore
画像引用:PRtimes

2012年2月29日設立の会社で、もともとは2006年にアメリカで始まったアグリゲーションサービスの日本法人がこの『チューンコアジャパン株式会社』。
代表取締役は野田威一郎さんという方で、もともとIT関係のベンチャー企業で働いていた方。
一度お会いしましたが、非常に物腰が柔らかく穏やかな方でした!

Tunecoreを推す5つの理由

では、ここで1年間利用したからこそ言えるTunecoreのサービスを使うべき理由5つ。

1.料金が安い

money2

配信するための料金ですが、1年間更新で
シングル(1曲):1,410円 (税抜き)
アルバム    :4,750円 (税抜き)
こういう料金設定は扱う側からしてもわかりやすいです。

2.配信開始が早い

speedy

iTunesなら最短2日で配信というのは非常に魅力的。
これからの時代、レスポンスの速さは強みになると思います。

次ページ:3.国内のみならず海外配信に強い

Sponsored Link