夏アニメ“うしおととら”のOPが“筋肉少女帯”だってーー!???


Sponsored Link

まさかとは思いましたがこの年齢になってあの名作“うしおととら”をアニメでみることになるとは…。
しかもOPが大槻健二率いる『筋肉少女帯』!タイトルは『混ぜるな危険』!
いや、ちょっと興奮しちゃったのでついこんな記事を…(笑)


“うしおととら”について

中学生の少年・蒼月潮は、寺の住職をつとめる父親と二人暮らし。ある日、彼は自宅にある蔵の地下室でとんでもないものと出会ってしまう。それははるか昔、凶悪なバケモノとして民に恐れられ、「獣の槍」によって五百年間も封じ込められていた大妖怪であった!槍を引き抜いてしまった潮はあわや妖怪に食われかかるが、同時に眠りから目覚めた「獣の槍」の力によって変身し、妖気に群がってきた他の妖怪たちをあっという間に撃破する。槍の威力を恐れて思わず協力してしまった大妖怪は、潮に「とら」と名付けられ、行動を共にすることに。かくして「獣の槍」の伝承者となってしまった少年と、いつか彼を食ってやろうとつけ狙う大妖怪の“うしとら”コンビが誕生したのだった。そして襲いくる妖怪どもを次々と蹴散らしていく彼らは世界の存亡をかけた壮大な戦いに巻き込まれていく・・
引用:うしおととら公式サイト

週刊少年サンデーで連載を開始したのが1990年!もう25年前なんですね!
リアルタイムで読んでたなー。

『筋肉少女帯』について

筋肉少女帯(きんにくしょうじょたい)は、1980年代後半から1990年代後半にかけて活躍し、2006年に活動を本格再開した日本のロックバンド。通称は「筋少」(きんしょう)で、アルファベットでは「King-Show」(初期は「KIN-SHOW」)と記す。
引用:wikipedia

筋肉少女帯の代表曲について

この2曲が代表曲でしょうね!

日本印度化計画

当時CMソングとしても起用されました!

元祖高木ブー伝説

king-show

Youtubeト

1987年にリリースした自主制作EPの曲『高木ブー伝説』のリメイクです!

筋肉少女帯×うしおととら

なぜ今回筋肉少女帯の楽曲がOPに起用されたのかというと、どうやら“うしおととら”の原作者である藤田和日郎先生からのオファーがあったとか。
藤田先生のTwitterをみても筋肉少女帯LOVEなのがすごい伝わります!

Sponsored Link

まとめ

元々大槻ケンヂさんはすごい好きだったので、今回の“うしおととら”のOP担当にはかなり興奮しましたよ。
うーむ。ライブに行きたい。
個人的には“いくじなし”が好きですけどね。

混ぜるな危険【初回限定盤】


THE SHOW MUST GO ON ~Live In OSAKA~【通常盤】 [DVD]

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする