映像の素材の量が膨大なサイト“Video Blocks”がおすすめな5つの理由


VJで流す映像やMV制作をする際にすべての映像素材を1から作るとなると、時間も予算も全然足りない…なんてことありません?
映像素材を配布しているサイトはたくさんありますが、著作権や配布元の表示などでちょっと面倒だなと…。
そんなときに便利なのが今回ご紹介する『Video Blocks』です!


VIDEOBLOCKSとは

約10万件の映像素材を保有する映像素材販売サイトです。

公式のPR動画を見ると一目瞭然です(英語ですが)

Video Blocksをお勧めする5つの理由

1.圧倒的な素材の数

manyfilm
前述したとおり、その素材数約10万件!
しかもAfter Effectのテンプレートまであるのは非常にうれしいです!

2.欲しい素材が見つかりやすい

search
そんなに素材数があるとなかなか自分のイメージに近い素材を見つけることって難しいのですが、Video Blocksはカテゴリー分けも豊富で、『航空写真』『自然』から『スローモーション』や『低速度撮影』まであります。
またキーワード検索もできますので「ニューヨークの街の素材がほしいな」なんてときは『NY』や『New York』といったキーワード検索をするだけで大量の素材がヒットするようになっています!

3.定額制システムと安い料金

best-price
定額制で年間99ドル(約¥12.000)で無制限にダウンロード可能です!
他の映像素材販売サイトでは大体1つの素材¥2000~¥4000程度のものが多いので、比べるととんでもない安価であることがわかります!

*1米ドル =124.084874 円(2015年6月23日当時)

4.映像素材としてのクオリティの高さ

quality
映像素材のクオリティも高く、SD(スタンダード)・HD(ハイビジョン)・4kのレベルがあります。
また各素材それぞれ「mov」「mp4」の2種類の拡張子が選べるのも非常に便利なポイントです!

5.安心のセキュリティ

Security
動画素材はMcAfee(マカフィー)によって毎日スキャンされているのでセキュリティ対策もばっちりのようです。
海外サイトですし、英語表記なのでちょっと不安という方にも安心です!

まとめ

以前からVideo Blocksのサービスは知っていましたが、当時はそこまで映像制作の案件がなかったので「年間12000円は割に合わないな…」って思い登録せずにいました。
ただ、今回映像制作だけじゃなくVJも始めるということで使用頻度が格段に上がったので登録することにしたんですね!

というわけで、映像系のお仕事のご依頼もお待ちしています!(笑)

videoblocks

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Menu