初夢っていつの夢?いい夢を見る方法は?


初夢…って気にする方多いようですね。
『一富士二鷹三茄子』なんて言葉が昔からあるくらい、この初夢の風習は根強いのでしょうね!
ただ正確にいつの日に見る夢を指すのか、曖昧だったりしませんか?

初夢っていつの夢?

初夢(はつゆめ)とは、新年のある夜に見る夢。この夢の内容で、1年の吉凶を占う風習がある。
字義どおりに新年最初に見る夢とされることは少なく、現代では元日(1月1日)から2日の夜、または、2日から3日の夜に見る夢とされることが多い。
引用:wikipedia

文献によって様々のようです。
文献上初めて初夢について書かれていたのが鎌倉時代!この文献『山家集』では新年…とは無関係で、節分から立春に見る夢のことを初夢と呼んでいます。
鎌倉時代では立春を新年と捉えていることが多かったことも理由のようです。

その後、江戸時代に入ったら「大晦日から元日」「元日から2日」「2日から3日」の3つの説もあったようです。
また明治時代からは「元日から2日」とする人が多くなったようです…。

以上のことをまとめると、「1日以降3日の夜までに初めてみた夢」を指すのでしょうね!

次のページでは『初夢に見ると縁起がよいもの』について調べてみました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Menu